痛みの少ない治療を受けませんか?

「歯科治療は痛い」というイメージをお持ちの方に知っていただきたいこと

「歯科治療は痛い」というイメージをお持ちの方に知っていただきたいこと

「歯医者は治療が痛いから嫌い」という方はたくさんいらっしゃいます。しかし、だからといって治療を行わずに虫歯などを放置してしまうと、さらに痛い思いやつらい思いをすることになってしまうでしょう。

「歯科治療は痛い」というイメージをお持ちの方に知っていただきたいこと

さいたま市大宮区の歯医者「井上歯科医院」では患者様の負担に配慮し、できるだけ痛みを軽減するための取り組みを行っています。いくら歯医者や痛い治療が嫌いでも、お口のトラブルは進行を待ってはくれません。「歯医者は怖い」という方も、一度当院へご相談ください。 まずは歯についての理解を深めていただくために、院長自ら丁寧にご説明いたします。

当院が行っている痛みを抑える取り組み

歯科治療の痛みが苦手な方の中でも、特に抵抗を感じられるポイントが「麻酔」です。そこで当院では、できるだけ患者様に痛みを感じさせないように麻酔の処置を行っております。

「表面麻酔」で注射の痛みを軽減

麻酔注射は針が入っていく瞬間に鋭い痛みを感じることが多いです。そのため、注射の前にあらかじめ表面麻酔を患部に塗り、痛みを軽減する取り組みをご要望に応じてすべての患者様に行っています。

「電動麻酔器」で麻酔の注入をコントロール

「電動麻酔器」で麻酔の注入をコントロール

麻酔注射の速度や力の入れ方にムラがあると、歯ぐきの内側に痛み(圧痛)を感じてしまう場合があります。電動麻酔器を使用すれば加圧を一定に調整できるので、患者様への負担を最小限にすることができます。

「カートリッジウォーマー」で人肌に近い麻酔液

「カートリッジウォーマー」で人肌に近い麻酔液

麻酔液が冷たいまま体内に入ると異物感が残り、それが原因でより注射の痛みを感じてしまう場合があります。当院ではあらかじめカートリッジウォーマーで麻酔薬を人肌くらいまで温めてから使用し、異物感の軽減を図っています。

「笑気麻酔」で恐怖心を緩和

「笑気麻酔」で恐怖心を緩和

麻酔に対して恐怖心がある方や、麻酔が効きにくいという方には笑気麻酔を適用しています。笑気(亜酸化窒素)と酸素を鼻から吸い込んでもらうことによって鎮静状態が得られ、しかも30分以内に体外へ排出されるので副作用もほとんどありません。大人から子どもまでご利用になれます。

「33G歯科麻酔針」でさらに痛みを少なく

麻酔の注射針は細くなればなるほど痛みを軽減することができます。当医院では、「33G」という極細の歯科麻酔針を使うことで、患者様にできるだけ負担をかけない治療を行っています。

痛い思いをしないためには、「予防」が何より大切です 予防歯科で効果的な虫歯・歯周病対策を 土曜も18:00まで診察 / 大宮駅徒歩10分 / カウンセリング重視